Sierra Spaceの最新の資金調達ラウンドは、日本のパートナーによって主導されました。

Sierra Spaceの最新の資金調達ラウンドは、日本のパートナーによって主導されました。

Sierra Spaceは、火曜日に日本のパートナーを中心とした2億9千万ドルの第2ラウンドの資金調達を完了したと発表しました。これは、民間の宇宙ステーションの開発への取り組みに役立つと会社の関係者は述べています。

関係者によると、火曜日のニュースリリースによれば、シリーズAとBの合計での調達額としては「業界最高」とされています。

Sierra Spaceは、ルイスビルを拠点とする商業宇宙会社であり、民間の宇宙ステーション、軌道上の乗組員のための居住空間、商業滑走路を使用できる宇宙機などの開発を進めています。

最新の資金調達は、火曜日の会社のニュースリリースによれば、Sierraのグローバルなパートナーシップの強化に役立つとされています。また、会社の発表によれば、「明日の宇宙経済を革命化する変革的な宇宙技術エコシステムの構築を加速する」ためにも使用されるということです。

「Sierra Spaceは、日本の投資家や業界のパートナーとの長期的な戦略的関係を築くことを楽しみにしています」と、リリースでCEOのTom Viceは述べています。

会社の報道担当者は、Sierraからのさらなるコメントの要求にすぐには応じていませんでした。

最新の資金調達が完了すると、Sierraは「Dream Chaser」の宇宙機の艦隊を開発からミッション運用に移行する予定です。「Dream Chaser」は、NASAとの契約を締結した再利用可能な宇宙機のグループで、乗組員や貨物を宇宙に輸送することができます。

Dream Chaserは、NASAのために国際宇宙ステーションへの貨物補給飛行を完了する予定です。最新の資金調達により、会社はDream Chaser宇宙機の着陸地点として日本の大分空港を検討するドアが開かれましたと会社は述べています。

Sierraは、過去5年間、商業宇宙ステーションの開発に取り組んでおり、今年末までにステーションの全面的なテストを行う予定です。

最新の資金調達ラウンドにより、Sierraの合計資本調達額は17億ドルに、会社の評価額は53億ドルになると、ニュースリリースにより述べられています。また、Sierraには34億ドルの有効な契約もあります。このラウンドは、日本の投資家MUFG銀行、商社の金松株式会社、東京海上日動火災保険により共同で主導されました。

「MUFGは、すべてのステークホルダーが次のステップを踏み出すのを助けることを目指しており、これがすべてのビジネス活動の出発点となるべきだと考えています」とMUFG銀行の社長兼CEOのJunichi Hanzawaはリリースで述べています。Sierra Space Corporationの目標である、地球上の生活のための宇宙プラットフォームを構築することは、この概念の具体的な実現であり、MUFGは、商業化、新産業の創出、社会問題の解決を支援するために低い地球軌道に投資することを決定しました。

2021年、同社はSierra Nevada Corp.から分離して独立した企業となりました。それには1,200人以上の従業員がおり、そのうち約700人がコロラド州にいます。Sierra Spaceは、その移転以降、地元で急速に採用を行っており、毎年100人以上を採用しています。

日本の企業は、宇宙への展望を持っている企業として、米国や国内の民間企業とのパートナーシップを強化してきました。Reutersによれば、Sierraの競合には、今秋、サウジアラビアと韓国の投資家を中心とした3億5千万ドルの資金調達を終えたヒューストンを拠点とするAxiom Spaceが含まれています。

Sierraからのこの発表は、コロラドの航空宇宙産業のニュースの直後に続いています。

今週初め、日本の月面探査会社ispace technologiesは、米国デンバーに本社をオープンし、その月面着陸機に関する今後のアップデートを発表するとともに、木曜日にグランドオープンを発表しました。ispace technologiesは、2020年に米国の本社としてデンバーを選定しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *