CoC認証とは?FSC認証との違いや取得方法・費用について紹介

CoC認証とは?FSC認証との違いや取得方法・費用について紹介

CoC(Chain of Custody)認証とは、森林管理認証(=FM認証)を取得した森林から産出された木材や紙製品を用いて生産された製品を、所有権を持つすべての事業体を対象に、適切に管理・加工していることを証明する制度です。

FM認証(森林認証)

FM認証(森林認証)は、Forest Managementの略で、適切に管理された森林であることを示しており、CoC認証を受けるには、原料はもちろん生産過程に関わる全ての事業体もCoC認証を受けていることが必須となります。CoC認証・FM認証は国際的な基準に基づき、持続可能な森林経営が行われること、持続可能な森林経営を支援するための取り組みとして立ち上げられました。

詳細はこちらをご覧ください: CoC認証とは?FSC認証との違いや取得方法・費用について紹介

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *