Category Archives: 物流業界ニュース

キッティングとは? 意味や作業手順、作業時のポイントを解説

キッティングとは? 意味や作業手順、作業時のポイントを解説

PCを新たに導入した際は、「キッティング」を行う必要があります。特に、すぐにでも業務で使用しなければいけないのなら、速やかにPCを使える状態にしなくてはなりません。 本記事では、「そもそもキッティングとは何なのか」といった概要をはじめ、基礎知識や作業手順、注意点などについてご紹介します。 詳細はこちらをご覧ください: キッティングとは? 意味や作業手順、作業時のポイントを解説

moq とは

moq とは

MOQという言葉は、日本のロジスティクス分野において重要な概念です。この記事では、MOQが物流業界にどのように影響を与えるか、また、それが企業のコスト、品質管理、納期、顧客関係にどのような影響を及ぼすかを詳細に解説します。MOQの正しい理解と適用は、効率的な在庫管理、コスト削減、顧客満足度の向上に不可欠であり、日本の競争の激しい市場において企業が成功するための鍵となります。   MOQの基本とその物流業界での重要性 物流業界における成功の鍵は、効率とコスト管理にあります。その中心に位置するのが、MOQ(Minimum Order Quantity)、つまり最小注文数量です。この記事では、MOQの基本的な定義から始め、そのロジスティクスにおける役割、そして日本の市場での応用方法について詳しく掘り下げます。 1.1. MOQの定義 MOQは、サプライヤーが受け入れる注文の最小量を指します。これは、生産コストを効率的に管理し、無駄を減らすために非常に重要です。例えば、ある製品のMOQが100単位であれば、それ以下の注文は受け付けられません。この基準は、サプライヤーの生産能力や在庫管理戦略に基づいて設定されます。 1.2. ロジスティクスにおけるMOQの役割 物流業界におけるMOQの役割は多岐にわたります。最も重要なのは、コスト削減と効率の向上です。適切なMOQの設定により、企業は過剰な在庫や不足を防ぐことができます。また、大量生産による単位コストの削減も見込めるため、全体的な利益率を高めることが可能になります。 1.3. 日本のロジスティクス市場におけるMOQの応用 日本の市場では、MOQの適用により、多様な消費者ニーズに応えつつ、効率的な在庫管理とコスト削減が実現されています。例えば、電子機器の製造において、MOQの適切な設定は、製品の品質を保ちつつ、生産コストを最適化するために不可欠です。こうした戦略は、競争が激しい市場での企業の持続可能な成長に寄与しています。 興味があればご覧ください: MOQ、SPQ、SNPの違いとは?併記された場合の読み解き方 物流業界における効果的なMOQの設定方法 物流業界における効率と利益の最大化には、MOQ(最小注文数量)の適切な設定が不可欠です。この記事では、需要と供給の分析、製品の種類に基づくMOQの決定方法、そして市場動向を踏まえたMOQの調整について詳しく解説します。 2.1. 需要と供給の分析 MOQを設定する際には、市場の需要と供給のバランスを考慮することが重要です。需要予測を行い、供給能力を評価することで、適切なMOQを決定できます。たとえば、需要が高い季節にはMOQを高めに設定し、需要が低い時期にはMOQを下げることが考えられます。 2.2. 製品の種類に基づくMOQの決定 製品の特性によってもMOQは異なります。例えば、消耗品と高価格品では、MOQの設定が大きく異なります。消耗品の場合、より高いMOQを設定することが可能ですが、高価格品では顧客の購入意欲を減少させないために低めのMOQが適しています。 2.3. 市場の動向とMOQ 市場の動向はMOQ設定の重要な要素です。競合他社の動きや業界のトレンドを分析することで、自社のMOQ設定を最適化できます。また、市場の変化に応じてMOQを柔軟に調整することが、長期的な成功につながります。 興味があればご覧ください: セロハンテープの選び方:物流業界における効果的な使い方ガイド 物流業界におけるMOQとコスト管理の重要性 物流業界では、MOQ(最小注文数量)の適切な管理がコスト削減と効率向上に不可欠です。この記事では、MOQがコストに与える影響、効率的な在庫管理とMOQ、そしてコスト削減のためのMOQ戦略について詳しく解説します。 3.1. MOQがコストに与える影響 MOQは、製造コスト、在庫コスト、輸送コストに直接影響を与えます。適切なMOQの設定により、これらのコストを最適化することが可能です。例えば、高すぎるMOQは在庫過多となり、保管コストが増大しますが、低すぎるMOQは生産コストが増加する原因となります。 3.2. 効率的な在庫管理とMOQ 在庫管理は物流の効率に大きく影響します。MOQの適切な設定は、在庫過多や在庫不足を防ぎ、物流の効率を高めることに寄与します。また、季節や市場の動向を考慮したMOQの調整は、在庫コストの削減にも繋がります。 3.3. コスト削減のためのMOQ戦略 MOQを戦略的に設定することで、コスト削減を実現できます。例えば、バルク購入による単価の削減や、生産スケジュールの最適化により、全体的なコストを抑えることができます。また、市場の需要に応じた柔軟なMOQの調整は、余分な在庫を抑え、コスト効率の良い運営を支援します。 興味があればご覧ください: 定形外割れ物の梱包ガイド:安全かつ効率的な方法 MOQと品質管理のバランス 物流業界では、MOQ(最小注文数量)の適切な管理が品質保持に重要な役割を果たします。この記事では、品質維持とMOQのバランス、高品質な製品のためのMOQ設定、そして品質問題へのMOQの影響について詳しく解説します。 4.1. 品質維持とMOQのバランス 品質維持とMOQは密接に関連しています。適切なMOQ設定は、製品の一貫した品質を保つ上で重要です。例えば、大量生産によるMOQの設定は、製品の品質を維持するために最適化されるべきです。一方で、過度な生産は品質低下のリスクを増加させます。 4.2. 高品質な製品のためのMOQ設定 高品質な製品を提供するためには、MOQの適切な設定が不可欠です。品質管理の観点からは、生産量を適切に制限し、品質を最優先するMOQ設定が重要です。これにより、製品の一貫性と信頼性が保たれます。 4.3. 品質問題へのMOQの影響 MOQの設定は、品質問題に直接影響を及ぼすことがあります。例えば、不適切なMOQ設定は、生産過程での品質管理の問題を引き起こす可能性があります。逆に、品質を考慮したMOQの設定は、製品の不具合を減少させる効果が期待できます。 興味があればご覧ください: […]

セロハンテープの選び方 – 物流業界における効果的な使い方ガイド

セロハンテープの選び方:物流業界における効果的な使い方ガイド

物流業界における必需品であるセロハンテープ。その選び方と使用法は、効率的な物流運営に不可欠です。このガイドでは、セロハンテープの基本的な特徴から始め、選択基準、購入時の考慮事項、さらには効果的な使用方法や保管・管理のヒントまでを網羅しています。また、セロハンテープの環境への影響と持続可能性についても触れています。物流業務の質を向上させるために、セロハンテープの効果的な活用方法を理解し、適切な選択を行いましょう。 セロハンテープとは:物流業界における基本と特徴 物流業界において不可欠なセロハンテープは、日常業務の効率化に大きく貢献しています。この記事では、セロハンテープの基本的な定義から、物流業界での重要な用途、そしてその主な特徴について詳細に解説します。 1.1. セロハンテープの定義 セロハンテープは、透明または半透明の薄いフィルムで作られた粘着テープです。このテープは、セロハンという素材から作られ、その柔軟性と強度で知られています。包装や製品の固定、さらには文書の一時的な修理にも使用されます。 興味があればご覧ください: セロハンテープ 1.2. 物流業界での用途 物流業界では、セロハンテープの用途は非常に広範です。主に、商品の包装や箱の封緘、梱包作業において重要な役割を果たします。また、輸送中の商品保護や、様々な物流プロセスにおける識別と整理にも役立っています。 1.3. セロハンテープの主な特徴 セロハンテープの最大の特徴は、その高い粘着力と耐久性です。これにより、重量物の梱包や長期間の保管においても信頼性が保たれます。さらに、環境にやさしい素材で作られているため、廃棄時の環境負荷が低いことも特筆すべき点です。 興味があればご覧ください:  発送を催促する際の効果的な方法:日本の物流の現状 セロハンテープの種類とその選択基準 物流業界におけるセロハンテープの種類と選択基準についての理解は、効率的な業務運営に不可欠です。この記事では、セロハンテープの種類、各種類の利点と欠点、そして物流業務に最適なタイプの選び方について詳しく解説します。 2.1. 種類の概要 セロハンテープには様々な種類があります。一般的な透明テープから、強化された耐水性や耐熱性を持つ特殊なテープまで、その用途は多岐にわたります。各種類は、使用される素材や粘着力、耐久性によって異なります。 2.2. 各種類の利点と欠点 各セロハンテープの種類には、それぞれ特有の利点と欠点があります。例えば、一般的な透明テープは汎用性が高いですが、重量物には適していない場合があります。一方、強化テープは耐久性が高いですが、コストが高くなることもあります。これらの特性を理解することは、適切な製品の選定に重要です。 2.3. 物流業務に最適なタイプの選び方 物流業務において最適なセロハンテープの選び方は、その使用目的と条件に依存します。梱包する商品の種類、重量、輸送環境などを考慮し、適切な粘着力と耐久性を持つテープを選ぶ必要があります。例えば、重量物を梱包する場合は、強化されたテープが適しています。 興味があればご覧ください:  発送を催促する際の効果的な方法:日本の物流の現状 セロハンテープ購入時の考慮事項 物流業界におけるセロハンテープ購入時の考慮事項は、業務の効率性とコスト管理に大きく影響します。この記事では、セロハンテープの品質と耐久性、価格とコストパフォーマンス、供給者とブランドの選定について詳細に解説します。 3.1. 品質と耐久性 セロハンテープを選ぶ際、最も重要なのは品質と耐久性です。高品質のテープは、長期間の使用にも耐えることができ、繰り返しの使用や厳しい輸送条件下でも効果的です。また、耐水性や耐熱性など、特定の環境条件に適したテープの選択も重要です。 3.2. 価格とコストパフォーマンス セロハンテープの価格は、物流業務の総コストに直接影響します。低価格なテープを選ぶことは節約につながる一方で、品質の低下が作業の効率を損なう可能性もあります。コストパフォーマンスの高いテープを選ぶことは、長期的にはコスト削減につながるでしょう。 3.3. 供給者とブランドの選定 信頼できる供給者からセロハンテープを購入することは、品質の保証に繋がります。また、信頼されているブランドは、製品の一貫性と信頼性を保証します。供給者やブランドの評価やレビューを確認することも、適切な製品選定には欠かせません。 興味があればご覧ください: 保管とはと物流管理:日本企業が取るべき最適な戦略 セロハンテープの効果的な使用方法 物流業界におけるセロハンテープの効果的な使用方法は、作業の効率と品質を大きく向上させます。この記事では、セロハンテープの適切な使用法、効率的な貼り方と取り扱い、間違った使用法とその対策について詳しく解説します。 4.1. 適切な使用法 セロハンテープの効果的な使用には、適切な使用法の理解が必要です。重要なポイントは、使用する表面の種類や状態に適したテープを選ぶこと、必要な長さと幅を適切に計測すること、そしてテープを貼る前に表面を清潔に保つことです。 4.2. 効率的な貼り方と取り扱い セロハンテープの効率的な貼り方には、適切なテンションで貼ることが重要です。テープを均等に伸ばし、空気泡やシワができないように注意しながら貼ります。また、テープの保管と取り扱いにおいては、直射日光や高温を避け、湿度が低い環境で保管することが推奨されます。 4.3. 間違った使用法とその対策 間違ったセロハンテープの使用法は、作業の効率低下や品質問題を引き起こす可能性があります。例えば、不適切なサイズや種類のテープの使用、汚れた表面への貼り付け、過度のテンションでの使用は避けるべきです。これらの問題を避けるためには、使用前の計画と準備が重要です。 興味があればご覧ください: 倉庫管理とその最新の技術 […]

定形外割れ物の梱包ガイド:安全かつ効率的な方法

定形外割れ物の梱包ガイド:安全かつ効率的な方法

物流業界において、定形外割れ物の梱包は非常に重要なプロセスです。この記事では、定形外割れ物に関する基本的な情報を提供し、その梱包に最適な方法を詳しく解説します。物流の効率化とコスト削減には、定形外割れ物の正しい取り扱いが欠かせません。それでは、定形外割れ物の梱包についての基本的な要素を見ていきましょう。 定形外割れ物の梱包の基本 物流業界における重要な課題の一つが、定形外割れ物の梱包です。この記事では、定形外割れ物の梱包に関する基本的なガイドラインを詳しく説明し、安全かつ効率的な方法を提供します。 1.1 定形外割れ物の定義と特徴 定形外割れ物とは、一般的な梱包サイズや形状に当てはまらない特殊な商品のことを指します。これには、不規則な形状、過大または過小なサイズ、壊れやすい素材などが含まれます。そのため、標準的な梱包方法では対応できないことが多く、特別な注意が必要です。 1.2 梱包の重要性 定形外割れ物の梱包は、商品の安全な輸送を保証するために不可欠です。適切な梱包は、商品の損傷を防ぎ、輸送コストの増加を避けます。また、顧客満足度の向上にも寄与し、企業の信頼性を高める重要な要素です。 興味があればご覧ください: 梱包とは 1.3 安全性と効率性のバランス 安全な梱包と効率的な梱包のバランスを取ることは、物流業界において重要です。安全性を確保しつつ、材料のコスト、作業時間、保管スペースの効率化を図る必要があります。このバランスを適切に管理することで、総合的な物流コストを削減し、ビジネスの効率を高めることが可能です。 定形外割れ物の適切な梱包材の選択 物流業界において、定形外割れ物の適切な梱包材の選択は、商品の安全とコスト効率のバランスを保つ上で非常に重要です。この記事では、定形外割れ物に最適な梱包材の選び方について詳しく解説します。 2.1 種類と特性 梱包材には様々な種類があり、それぞれ異なる特性を持っています。例えば、発泡スチロール、エアクッション、プチプチ、紙や布などがあります。これらは衝撃吸収性、耐久性、重量、環境への影響などの面で異なります。定形外割れ物の特性を考慮し、最適な材料を選ぶことが重要です。 2.2 商品の形状に合わせた選択 定形外割れ物の梱包材選びでは、商品の形状に合わせた材料を選ぶことが肝心です。不規則な形状や特殊なサイズの商品には、柔軟性があり、形状に合わせやすい材料が適しています。また、壊れやすい物品には、高い保護性能を持つ材料が必要です。 2.3 コストと品質の比較 梱包材の選択において、コストと品質のバランスを考慮することも重要です。安価な材料を選ぶことでコストを削減できますが、品質が低いと商品の損傷リスクが高まります。一方で、高品質な材料はコストが高くなりますが、商品をより安全に保護できます。このバランスを適切に取ることで、定形外割れ物の梱包を効果的に行うことができます。 興味があればご覧ください: 倉庫内の検品のやり方に問題を抱えていませんか? 定形外割れ物の梱包プロセスのステップバイステップ 物流業界において、定形外割れ物の梱包プロセスは非常に重要です。この記事では、定形外割れ物の梱包を行う際のステップバイステップのプロセスを詳しく説明します。 3.1 商品の準備 最初のステップは、商品の準備です。定形外割れ物を梱包する前に、商品が清潔で、破損がないかを確認し、必要に応じて補強を行います。また、商品の形状や素材に応じて、適切な梱包材を選びます。商品の特性を理解し、それに応じた準備をすることが重要です。 3.2 梱包材の配置 次に、梱包材を適切に配置します。定形外割れ物は通常、標準的なサイズや形状に合わないため、柔軟に梱包材を調整する必要があります。衝撃を吸収する材料を使用し、商品が梱包箱の中で動かないように固定します。このステップでは、商品を保護しつつ、無駄なスペースを最小限に抑えることが目標です。 3.3 最終的な確認と封印 最後に、梱包された商品の最終的な確認を行い、封印します。このステップでは、梱包が適切に行われたかを確認し、必要に応じて追加の補強を行います。封印後は、商品が輸送中に開かないように、しっかりと封をすることが重要です。 興味があればご覧ください: FSC認証とは【梱包資材・緩衝材とFSC認証】 定形外割れ物の取り扱い注意点 物流業界では、定形外割れ物の取り扱いには特別な注意が必要です。この記事では、定形外割れ物を扱う際の重要な注意点について、詳細に解説します。 4.1 重量とサイズの制限 定形外割れ物は、その重量とサイズによって特別な取り扱いが必要とされることがあります。一般的な梱包や運送方法が適用できない場合、特別な梱包材や運送手段を選定する必要があります。重量やサイズの制限を遵守し、適切な方法で商品を保護することが重要です。 4.2 輸送中のリスク 定形外割れ物の輸送中には、様々なリスクが存在します。これには、振動や衝撃による破損、温度や湿度の変化による影響などが含まれます。これらのリスクを最小限に抑えるためには、商品の特性に合った梱包方法の選定が不可欠です。 4.3 保管と運搬のヒント 定形外割れ物の保管と運搬には、特別な注意が必要です。保管場所の選定、商品の安定性の確保、梱包材の選定など、様々な要素を考慮する必要があります。適切な保管と運搬方法を選択することで、商品の安全を確保し、損傷のリスクを減らすことができます。 興味があればご覧ください: ダンボール:維持管理のための素晴らしい選択 定形外割れ物のコスト削減と効率化の方法 物流業界における定形外割れ物の取り扱いでは、コスト削減と効率化が重要な課題です。この記事では、定形外割れ物の梱包と輸送におけるコスト削減と効率化の方法について、具体的な戦略を提供します。 […]

CoC認証とは?FSC認証との違いや取得方法・費用について紹介

CoC認証とは?FSC認証との違いや取得方法・費用について紹介

CoC(Chain of Custody)認証とは、森林管理認証(=FM認証)を取得した森林から産出された木材や紙製品を用いて生産された製品を、所有権を持つすべての事業体を対象に、適切に管理・加工していることを証明する制度です。 FM認証(森林認証) FM認証(森林認証)は、Forest Managementの略で、適切に管理された森林であることを示しており、CoC認証を受けるには、原料はもちろん生産過程に関わる全ての事業体もCoC認証を受けていることが必須となります。CoC認証・FM認証は国際的な基準に基づき、持続可能な森林経営が行われること、持続可能な森林経営を支援するための取り組みとして立ち上げられました。 詳細はこちらをご覧ください: CoC認証とは?FSC認証との違いや取得方法・費用について紹介

物流においての検品とは何かをわかりやすく解説|向いている人の特徴や作業のネックについても紹介

物流においての検品とは何かをわかりやすく解説|向いている人の特徴や作業のネックについても紹介

検品作業はアルバイトでもできる簡単な仕事というイメージがあるかもしれません。しかし、物流のなかで検品は重要作業の1つです。とはいえ、多くの企業では、検品に人手や設備など費用をかけることに抵抗があるかもしれません。 そこでこの記事では、検品の基本を押さえて、どれくらいの重点をおくべきか判断できるようにまとめました。紹介する内容は以下のとおりです。 検品作業の概要と種類 検品作業の3つのネック 検品が得意になれる人の特徴 検品作業の負担軽減と対策 詳細はこちらをご覧ください: 物流においての検品とは何かをわかりやすく解説|向いている人の特徴や作業のネックについても紹介

アパレルの仕入れの方法・仕組み【利益率向上の具体的な対策と仕入れサイト】

アパレルの仕入れの方法・仕組み【利益率向上の具体的な対策と仕入れサイト】

これからアパレル商品の取り扱いを始める場合、どのような商品をどのようなターゲットに販売するかを決めることは大前提ですが、「どのように商品を仕入れるか」ということも考えなければなりません。 そして、仕入れた商品を販売し、利益を確保するためには、様々な工夫が必要になります。ここでは、アパレル商品の流通の仕組みの基本を解説し、利益を上げるための工夫を紹介します。 今回は、これからアパレル商品の小売業(ネットショップ、実店舗)を始める方に知っておいていただきたいポイントをまとめました。 詳細はこちらをご覧ください: アパレルの仕入れの方法・仕組み【利益率向上の具体的な対策と仕入れサイト】

Amazon 倉庫 場所と持続可能な物流戦略

Amazon 倉庫 場所と持続可能な物流戦略

Amazon 倉庫 場所とは、現代の物流業界における最も重要な要素の一つです。この記事では、Amazonの倉庫運営と持続可能な物流戦略がどのように連携しているのか、その具体的な方法とその重要性について詳しく探求します。持続可能性は、環境への影響を最小限に抑えながらも、効率と生産性を高めることを目指しています。Amazon 倉庫は、その最前線にあり、新しい技術の導入、コスト管理の最適化、そして持続可能な物流への課題と解決策に焦点を当てています。この分野でのAmazonの取り組みは、物流業界全体における持続可能性の推進において重要な役割を果たしています。   Amazon 倉庫 場所と持続可能な物流戦略 現代の物流業界において、Amazon 倉庫 場所の役割は非常に大きいです。この記事では、Amazonの倉庫がどのように持続可能な物流戦略と結びついているかを詳しく探ります。 1.1. Amazon 倉庫 場所の概要 Amazon 倉庫は、高度な技術と効率的な管理システムにより、物流業界に革命をもたらしています。最新のデータによると、Amazonは世界中に数百の倉庫を持ち、それぞれが異なる機能を果たしています。例えば、一部の倉庫は商品の保管に特化している一方で、他の倉庫では迅速な配送が可能な位置に位置しています。 1.2. 持続可能な物流戦略の重要性 持続可能な物流戦略は、環境保護とコスト削減の両方を目指す重要な要素です。特に、環境への影響を最小限に抑えるために、エネルギー効率の高い倉庫の設計や、リサイクル可能な梱包材の使用などが注目されています。Amazon倉庫では、これらの要素が積極的に取り入れられており、例えばソーラーパネルの設置や、電気自動車を用いた配送などが進められています。 1.3. Amazon 倉庫 と物流戦略の結びつき Amazon倉庫の物流戦略は、迅速な配送を実現しながらも環境への影響を最小限に抑えることに重点を置いています。この戦略は、データ駆動型のアプローチに基づいており、需要予測や在庫管理に最新のテクノロジーが活用されています。また、持続可能な物流を推進するために、地域社会との連携も重視されています。 興味があればご覧ください: 倉庫のピッキング作業3つの課題と効率化するための5つのポイントを紹介 Amazon 倉庫の持続可能な運営方法 Amazon 倉庫 場所は、持続可能な運営方法により、物流業界で革新を起こしています。この記事では、その具体的な取り組みと実践方法を深く掘り下げていきます。 2.1. 環境に優しい物流の実践 Amazon倉庫は、環境保護を重視した物流の実践に力を入れています。これには、排出ガスの削減や、再生可能エネルギーの利用が含まれます。例えば、輸送においては、電気自動車やハイブリッド車の導入が進んでおり、これによりCO2排出量が大幅に削減されています。また、倉庫の運営では、太陽光発電などのクリーンエネルギーの活用が進められており、持続可能な物流を実現しています。 2.2. エネルギー効率の高い倉庫設計 Amazon倉庫では、エネルギー効率を最大限に高めるための設計が採用されています。これには、自然光の最大限の利用、高効率の断熱材の使用、LED照明の導入などが含まれます。これらの措置により、倉庫のエネルギー消費を削減し、環境への影響を最小限に抑えています。 2.3. 廃棄物の削減とリサイクル 廃棄物の削減とリサイクルも、Amazon倉庫の重要な取り組みの一つです。包装材料の再利用、廃棄物の分別とリサイクルの徹底、廃棄物の発生源での削減などが積極的に行われています。これにより、廃棄物の量が減少し、持続可能な物流がさらに推進されています。 興味があればご覧ください: 環境整備で会社が変わる。利益を出せる会社になる秘訣! 技術革新とAmazon 倉庫の物流 Amazon 倉庫 場所における技術革新は、物流業界において重要なトレンドとなっています。この記事では、Amazon倉庫における最新技術の導入とその影響について詳細に解説します。 3.1. 自動化とロボット技術の導入 Amazon倉庫では、自動化とロボット技術が大きな役割を果たしています。これには、商品のピッキングと梱包を自動化するシステムや、倉庫内の移動を助けるロボットなどが含まれます。これらの技術により、労働コストの削減、作業の効率化、そして誤りの低減が実現されています。さらに、これらの技術は作業員の安全性を高めることにも貢献しており、重量物の取り扱いなどで特にその効果が見られます。 3.2. ITシステムの活用 Amazon倉庫では、先進的なITシステムが物流の効率化に積極的に利用されています。これには、リアルタイムでの在庫管理、注文処理の自動化、さらには顧客の購買傾向を分析するためのデータ分析ツールなどが含まれます。これらのシステムにより、Amazonは顧客の要求に迅速かつ正確に応えることができるようになっています。 3.3. […]

3Mとは?物流の現場改善に役立つポイントを解説

3Mとは?物流の現場改善に役立つポイントを解説

3Mとは、ムリ・ムダ・ムラを指します。業務において3Mが発生していると、効率や生産性の低下を招いてしまうため、排除が理想的です。以下、3Mの意味をひとつずつ解説します。 詳細はこちらをご覧ください: 3Mとは?物流の現場改善に役立つポイントを解説

3PL(サードパーティー・ロジスティクス)とは?重要性やメリットを解説

3PL(サードパーティー・ロジスティクス)とは?重要性やメリットを解説

3PL(サードパーティー・ロジスティクス)とは、自社における物流業務の一切を外部のプロフェッショナルな物流業者に委託する物流体制のことです。 3PL(third party logistics)とは荷主企業に代わって、最も効率的な物流戦略の企画立案や物流システムの構築の提案を行い、かつ、それを包括的に受託し、実行することをいいます。 物流:3PL事業の総合支援国土交通省 本記事では、3PLの概要やそのメリット・デメリットについて、わかりやすく解説します。自社における物流業務に課題や限界を感じている方はぜひご参考ください。 詳細はこちらをご覧ください:  3PL(サードパーティー・ロジスティクス)とは?重要性やメリットを解説