2024年に新幹線が貨物輸送を開始

2024年に新幹線が貨物輸送を開始

JR東日本は、2024年度開始時から新幹線の路線で貨物輸送を開始する予定です。

JR東日本が荷物新幹線、即日輸送 1車両でトラック4台分 – 日本経済新聞

「はこビュン」と呼ばれる新しいサービスは、COVID-19の影響で通勤電車や東京発着の長距離旅客サービスの需要が減少した中、鉄道運営者に新しい収益源を提供することを目的としています。

同社は、通勤者の交通はCOVIDからの再開で回復しましたが、パンデミック前のレベルの約80%で推移しています。

鉄道運営者は、たとえば新鮮な魚や野菜の当日配送を希望する東京や他の大都市の顧客からの貨物輸送の需要があると考えています。

この考えは、働き方改革関連法によるトラック運転手の残業時間を制限する法改正が予定されており、いわゆる「2024年問題」と呼ばれる運搬能力の不足が激化することが予想されるため生まれました。

新しいサービスの下で、JR東日本は専用の貨物列車を運営するか、通常の旅客列車に貨物を載せるかのどちらかになります。

この計画の下で、座席の間のスペースに貨物が配置され、車両を改造する必要がなくなります。列車はデポまたは東京の北の大宮駅のような大きな駅で荷物を積み込み、荷物を降ろします。

JR東日本のサービスエリア内の新幹線は通常10両で構成されています。サービスは、一部の車両が専用の貨物サービスに使用されると想定しています。貨物に専念する全体の列車の場合、1つのボックスが40x40x40 cm未満の3面を持つと仮定すると、1,000箱の荷物を運ぶことができます。

JR東日本は、2021年以来、機内食トロリー専用の収納スペースを使用して、小規模ながら新幹線での貨物サービスを提供してきました。このサービスは、12キログラム以下の荷物を送るのに2,190円(15ドル)かかり、競合する配達サービスより約10%高いです。

利用方法や取扱区間と対象列車については、公式サイトを確認ください。

価格(東京⇔仙台間、東京⇔新潟間、東京⇔金沢間共通)

サイズ 1号ボックス 2号ボックス 3号ボックス 4号ボックス 5号トランク
寸法(cm) 35×25×4.5 35×25×10 50×35×4.5 50×35×10 52×38×27
重量 3kgまで 6kgまで 12kgまで 30kgまで
価格(税込み) 1,010円 1,330円 2,190円 4,450円

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *