日本物流2023 – 需要は依然として堅調だが、業界は多くの課題に直面している

需要は依然として堅調だが、業界は多くの課題に直面している

首都圏では新規供給が需要を上回る高水準が続き、空室率は前年比2.1ポイント上昇の4.4%となった。とはいえ、需要は依然として堅調で、東京の空室状況は適度です。
大阪大都市圏の市場は東京大都市よりも若干安定しており、2022 年には新規竣工物件がほとんどなかったため、需要と供給のバランスがよりタイトでした。そのため、空室率は依然として比較的低く、0.9 ポイントの増加にとどまり、2.4% に達しました。 。
首都圏の賃料は前年同期比で3.6%下落、前年同期比で2.4%下落し、現在は坪当たり4,510円となっている。
大阪圏の賃料は前年比1.4%上昇したものの、4.5%下落し、現在は坪当たり4,220円となっている。
2022 年の投資水準は前年より若干遅れました。国内外の投資家の需要は旺盛でしたが、建設コストと金利の上昇により、一部の投資家は物流部門の開発や買収を再検討しました。
2023 年の新規供給量は、東京圏と大阪圏の両方の市場で 2022 年の大幅な水準を超えると予測されています。この新規供給の波により、テナント獲得競争はさらに激化するだろう。そのため、立地が悪く古い施設は空室に苦労することになる。
日本は物流分野で慢性的な人手不足に直面しており、人件費はここ数年で大幅に上昇している。 2024 年の配達ドライバーに対する新たな規制により、この状況はさらに悪化する可能性があります。物流会社は利益率が低く、これが今後の賃貸料の伸びを抑制する可能性がある。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *