物流倉庫でよくある課題とその対策をご紹介します

物流倉庫によくある課題

物流業界は社会情勢や環境の変化により様々な課題に直面しており、倉庫業務の効率化が求められています。一方で、業務効率を向上させるためには、具体的にどのような課題が発生しているのかを把握することが重要です。

そこで今回は、物流倉庫でよくあるトラブルについて解説するとともに、問題解決に有効な対策となるWMS(倉庫管理システム)の概要と導入メリットについて紹介します。

物流倉庫によくある課題

物流業界は現在、ネット通販市場の拡大による宅配需要の増加や働き方改革関連法の2024年問題など、大きな課題に直面している。では、こうした課題も含め、物流倉庫が現在直面している課題とは何でしょうか?

ここでは物流業界の効率化に欠かせない倉庫業務の課題をピックアップして紹介します。

慢性的な人手不足問題

物流業界で問題視されている人手不足問題は、倉庫においても大きな問題の一つです。帝国データバンクの「特別企画:人手不足に関する企業動向調査(2023年4月)」によると、企業の人手不足率は過去最高となっている。

中でも、2024年4月から施行される時間外労働の上限規制(いわゆる物流2024年問題)で注目を集めている「運輸・倉庫業」も人手不足率が63.1%と高い。こうしたことから、倉庫業務においても慢性的な人手不足の問題は重要な課題であると言えます。

人為的ミス

物流倉庫における最も一般的な問題の一つは、アナログ管理によるヒューマンエラーの発生です。例えば、誤ピッキングとは、間違った商品をピッキングしてしまう事故のことです。このようなヒューマンエラーは、数量を間違えたり、取り出す商品を間違えたりすることで発生します。

また、発送時の伝票貼り間違いも人的ミスの中で最も多いものの一つです。複数の商品を同梱した場合に伝票の貼り間違いが多発し、誤出荷につながる場合があります。

倉庫業務では人手による作業が必要となることが多いため、このような人的ミスが発生しやすいです。物流品質を向上させるためには、ヒューマンエラーによる問題を解決することが重要です。

属人的な環境

物流倉庫では慢性的な人手不足により、属人化した環境になりがちです。一部の熟練社員に業務の負担が集中すると、離職や休職により業務効率が低下します。

また、個別の環境はスタッフの能力に依存するため、仕事の引継ぎがしにくいというデメリットもあります。また、社内に運用ノウハウが不足しているため、物流品質が向上しないという問題が発生する可能性があります。

在庫の過不足問題

製品を保管する倉庫では、適切な在庫を維持することが非常に重要です。しかし、直感に頼って需要予測を行うと、在庫不足や潜在的な販売機会の損失につながる可能性があります。

また、情報管理が適切に行われていない倉庫では過剰在庫が発生し、経営を圧迫する可能性があります。在庫の過不足は倉庫管理における重要な課題の一つであり、経営上改善すべき点でもあります。

物流倉庫の課題を解決するWMSとは?

物流倉庫のさまざまな課題を解決できる対策法は、WMS(倉庫管理システム,Warehouse Management System)の導入です。

WMSとは、倉庫業務における入庫・出庫管理、在庫管理などの機能を備え、業務の正確性と効率性を向上させることができるソフトウェアシステムです。 WMSを導入することでミスを減らし物流コストを削減できるため、業務品質の向上のために導入を検討してください。

物流倉庫の課題をWMSで解決することをおすすめします。

物流倉庫で多くの課題を抱えている場合は、WMSの導入をおすすめします。コスト効率が非常に高く、倉庫内でさまざまな管理タスクを実行できるという利点があります。

ここからは、実際にWMSを倉庫に導入した場合、どのような効果が期待できるのかを解説します。

ヒューマンエラーの削減

倉庫内で発生するヒューマンエラーもWMSを導入することで大幅に削減できます。例えば、伝票の品名や数量を書き間違えるといった人的ミスを、スキャナで読み取って自動的に管理・共有することで回避できます。

人が目で確認するフローをシステムで管理できるため、ミスが起こりやすい記帳業務が不要になります。また、同梱品を管理できるため、ピッキングミスが起こりにくい環境を構築できます。

各種作業の効率化

WMSを導入することで、さまざまな業務を効率化できます。通常、伝票や指示書に記入する作業が発生しますが、これらのアナログ作業がほとんど不要となり、作業効率が向上します。

作業手順に沿って効率的な指示書を作成できるので、業務の効率化が図れます。また、倉庫作業における人的ミスが減ることで、作業効率も相対的に向上します。

倉庫業務の標準化

倉庫業務の課題の一つに属人的な環境がありますが、WMSを導入することで作業を標準化し、属人的な環境を解消することができます。たとえば、従業員が製品の保管場所を覚えていると、人事異動の際に混乱が生じる可能性があります。

ただし、WMSでは位置管理もできるため、上記のような個別の問題は発生しません。ベテランスタッフも新人スタッフも同じ環境で働けるため、業務の標準化により属人的な環境が解消されます。

人件費の削減

アナログな管理方法では、記帳やPC入力作業など非効率な作業が発生し、必要以上に人件費がかかります。しかし、WMSを導入すると、バーコードから読み取った情報が即座に反映されるため、上記の作業が不要になります。

また、入力ミスによる誤出荷が起こりやすいアナログ管理と異なり、トラブル対応にかかるさまざまなコストを削減できるのもWMSの大きなメリットです。無駄な作業を省き、効率的な作業環境を構築し、人件費の削減と企業利益の向上につなげる施策です。

情報のリアルタイム共有

WMSを導入するメリットは、在庫状況をリアルタイムに共有できることです。これをExcelなどで管理していると、在庫に変動があったとしても即座に共有できないため、ミスが発生しやすくなります。

一方、WMSで読み取った情報は瞬時に共有できるため、全体の在庫状況を適切に管理することが可能です。また、常に最新の情報を共有できるため、受注調整や人員配置などの管理が容易になり、効率的な倉庫環境の構築が可能になります。

タイムラグのない情報管理を実現することは、適正在庫を維持していく上でも非常に重要なポイントです。

まとめ

物流倉庫は新規人材の確保が難しく、慢性的な人手不足が問題となっている。また、倉庫業務では人的ミスの発生や個別環境、適正な在庫水準の維持など改善すべき課題が多くあります。

しかし、これらの問題は WMS を導入することで大幅に改善できます。物流品質の向上と各種コストの削減を実現できる施策ですので、課題を解決したい企業には早めの導入をおすすめします。 WMSを導入して高品質な倉庫管理を実現します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *