日本の物流危機

mP1pYPpbsKCxys8Cd3OLw19NXAjqlrYmkubAMyMa

コロナウイルスの大流行中、日本の宅配需要は急増しています。しかし、それはまさに国の物流業界が増加する労働力不足に取り組んでいる時期と重なっています。

2000 年には日本のトラック運転手は 100 万人を超えていましたが、2030 年までにその数は半減すると予測されています。過酷な労働時間と低賃金のため、この仕事は不人気であり、日本の急速な高齢化により、労働人口全体が減少している。配送会社は必要な人材を確保することがますます困難になっている。

業界アナリストは、2030 年までに配送需要と物流労働力の規模の間に 35% のギャップが生じると予測しています。このシナリオでは、日本国内の貨物の3分の1が配送されないままになる。

一部の人にとって、物流危機はすでに到来しています。日本最大の食品企業の一つ、味の素のゼネラルマネージャーである堀尾潤氏は、最近多くの配達パートナーが人手不足を理由に彼の会社との契約更新を拒否していると語った。企業にはより良い条件が提示されたが、需要を満たすのに必要な労働力が見つからないと主張した。

昨年初め、オンラインの誤った情報がトイレットペーパー不足を煽ったとき、日本の人々は物流危機が自分たちの生活にどのような影響を与えるかを体験しました。ソーシャルメディア上の噂では、この商品はフェイスマスクと同じ素材で作られていると主張されていたが、実際にはマスクは品薄になっていた。これによりスーパーの棚が空っぽになるほどの買い占めが起こった。しかし、小売業者が追加在庫を確保しようとしたとき、物流という本当の問題が明らかになりました。トイレットペーパーは十分すぎるほどありましたが、需要の高まりに配送会社が追いつくことができませんでした。

一部の企業は、この種の短期的な危機がこれ以上起こらないようにするための措置を講じています。味の素は他の食品サプライヤーと協力して配送効率の向上に取り組んでいます。

日本では、平均積載率(車両の積載量のうち実際に利用される割合)は約 40% です。ヨーロッパと米国では、この数字は約 60% です。専門家らによると、これは日本の消費者が商品の配達希望時期をより具体的にする傾向があり、同梱注文が少なくなるためだという。

味の素とそのパートナーは、パッケージの標準化と協力的な流通ネットワークの導入により、積載率の向上に取り組んでいます。各社は通信事業者へのプレッシャーを軽減するために独自のソリューションを考案している。

サプライチェーンテクノロジーも活用されています。運輸省と経済産業省は2月、共同で無人配送トラックの実証実験を行った。楽天、パナソニック、日本郵便などの企業はドローンやロボットの活用方法を模索している。

検討されているもう 1 つの解決策は、「物理インターネット」と呼ばれるもので、その名の由来と同様の概念に基づいて構築された交通ネットワークです。データが一連のネットワークとサーバーを通過するのと同じように、物理的なインターネットでは、さまざまな輸送手段を含むネットワークの統一されたルートを通じて貨物が輸送されます。このコンセプトは欧州連合で注目を集めており、物流企業はAI技術を活用して2030年までにシステムを稼働させたいと考えている。

専門家らは、配送需要の増加が続いていることは、物流業界にはまだ成長の可能性があることを示していると述べている。ビジネスリーダーや政府関係者がどのように対応するかによって、迫り来る危機が日本にとって新たなチャンスに変わる可能性がある。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *