2024年の輸送課題:新幹線貨物輸送の期待とJR東日本の取り組みなど

新幹線は日本の迫りくる物流危機を回避できるのか?時間外労働の制限により、2030 年には国内の貨物の 30%が滞留する可能性がある

「2024年の課題」をご存知でしょうか。働き方を改革するための法律が2024年4月からトラックのドライバーにも適用される予定で、時間外労働の上限は年間960時間となります。この動きは労働条件の改善に寄与する一方で、物流の人手不足の問題がさらに深刻化し、輸送の効率が低下する可能性があります。

内閣府の出した資料によれば、このまま対策が進まなければ2024年度には14%、2030年度には34%の輸送力不足になると言われているため、新幹線による高速大量輸送への期待が高まっています。最も大きな影響を受けるのは東北地方で、41%の影響が見込まれ、四国、九州、北海道では40%程度の影響があるとされています。特に人口減少地域での影響は大きいと予想されています。

日本貨物鉄道(JR貨物)は、2025年度の目標を達成するために貨物輸送車両の設計を検討していますが、多くの課題が挙げられています。

  • JR貨物は自社の線路を数えるほどしか持たず、貨物列車を運行するために他のJR会社にロイヤルティを支払っていること
  • 新幹線は都市部を中心に本数が多く、騒音対策や保線作業のため深夜は運行できないこと
  • 旅客列車のために設計された鉄道上で重い貨物車両が走行できるかどうかなど

今年の6月に、JR東日本は、既存の新幹線の旅客列車を使用して、実験的な基盤での大量輸送を開始しました。新青森駅から埼玉県のJR大宮駅まで鮮度を保ったまま約3時間で到着しました。ホタテはトラックに積み替えられて首都圏のスーパーに運ばれ、同日夕方までに店頭に並びました。JR東日本は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による乗客数の激減による損失補てん策として、2021年10月に「はこびゅん新幹線輸送事業」を開始しました。 1列車あたり40箱程度しか積めない車内販売のスペースを活用した事業です。しかし、試験輸送サービスでは客室を使用し、10両の車両のうち3両の座席の底に約600個の荷物を積み込むことで、貨物量を15倍に増やすことができました。

JR東日本は今年度中にこのような新幹線貨物輸送を複数回試験的に実施し、2024年度中の実用化を目指しています。また、他社と連携して航空貨物との連携も図り、さらなる拡大を目指しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *