コールドチェーンとは?導入時の課題やメリット・デメリット・コスト・市場規模は?

コールドチェーンとは

コールドチェーンとは生産地から消費地まで、低温でなければ品質を保持できない商品を一定の低温を保ち流通させる仕組みで、低温ロジスティックスや生鮮SCM(サプライチェーン・マネジメント)とも言われます。

食品だけではなく近年話題になった新型コロナワクチンのように、低温管理しながら輸送しなければならない輸送にも適用されるなど、現代の生活には欠かせない物流システムです。

トラックによる輸送に限らず、飛行機を用いた航空便・船を使う船便もあり、コールドチェーンが登場したことで、物流システムは目覚ましい発展を遂げ、ビジネスの幅も広がりました。様々なものが遠隔地まで輸送できることが当たり前となって久しい今、輸送される商品も様々で商品により適切な温度が異なることはコールドチェーンの難しさでもあります。

詳細はこちらをご覧ください: コールドチェーンとは?導入時の課題やメリット・デメリット・コスト・市場規模は? – MOTOMURA

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *